着物ハットのコンセプト KIMONO HAT | ケイコタガイ

Kimono Hat Collection

日常に粋を

我が国の宝である着物は、現在タンスで眠っていたりそのまま捨てられています。ケイコタガイでは、着物に新たな命を吹き込みハットを制作しています。皆様の日常に粋をお届けしたい、そんな想いから生まれたファッションアイテムです。

着物をクリーニングして手作業で解体、プレスして一枚の生地にした後、ハットを制作しています。帽子の素材として、小紋(普段着物)、黒留袖(フォーマル着物)、色打掛(婚礼衣装)、振袖などを使用しています。
全てのハットは、職人が一針一針手仕事で創り上げるハンドメイド品です。

帽子は、サイズが合えば、性別問わずどなたでもご使用いただけます。洋服や着物と合わせてカジュアルからフォーマルシーンまでのあらゆる日常で粋をお楽しみください。

日本伝統着物に新たな命を

着物ストーリー

約1225年前、日本独自のスタイルとして生まれました。のちに侍の戦闘にいく衣装としても使用されるようになり、それぞれの将軍が個性を主張したもので、まるでファッションショーのように艶やかだったと言われています。侍が衣装の模様を競い合ったことにより着物全体の技術が発達して、着物そのものが美術工芸として価値を高めていくようになりました。

日本の着物歴史と製造工程

着物は、沢山の職人の手を経てできあがります。図案作成→仮絵羽(仮縫い)→下絵描き→糊置き(模様や生地に糊つけ)→染色→蒸し→水洗い→金彩(金箔を施す)→刺繍→仕立てなど、着物によって10~20工程あり、それぞれ専門の職人が力を合わせて一着のきものができ上がります。